2010年11月06日

ガケ書房に行こう!

フェスティバル開始から1週間、皆様いかがお過ごしでしょうか。
秋も寒さも深まる中、読書家の皆様に朗報です!
ミーティングポイント「flowing KARASUMA」でのブックフェアに引き続き、左京区の書店「ガケ書房」にてKYOTO EXPERIMENT関連書籍フェアが始まりました!
ガケ書房さんと言えばお店の外見や豊富な品揃え、面白い企画満載の書店ということで京都人の間では有名ですよね!

ガケ書房…造形大近く、赤い車が目印です!↓

201011051.jpg

★コチラは店内の様子

201011052.jpg 201011053.jpg

こちらはflowing KARASUMAとは一味違ったフェア展開がされています。
特徴的なのは絶版書籍の多さ!
現在は書店には出回っていない書籍を山下店長、みずからかき集めてくださいました。
個性豊かで珍しい書籍がずらりと並んでいます!

201011054.jpg 中でも『アガタ』関連の絶版本は必見!

 ブックフェアは会期中行っております。
 春秋座での観劇や、京都造形芸術大学をご利用のお客様は
 是非一度立ち寄ってみてください!
 ブック・フェア以外にも素敵な本との出会いが
 あなたを待っていますよ!
インターン 河本あずみ

----------------------------------------------------------------------------------------------

「ガケ書房」
〒606-8286 京都市左京区北白川下別当町33
TEL:075-724-0071/FAX:075-722-9403


KYOTO EXPERIMENT 2010.10/28(Thu.)-11/23(Tue.)

公式ウェブサイト  http://www.kyoto-ex.jp
ツイッターアカウント  http://twitter.com/kyoto_ex
posted by KEX at 00:16| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

高山さん、京都入り!

Port B「個室都市 京都」、いよいよ開催まであと一週間を残すのみとなりました!

演出の高山さんは昨日4日に京都入り。

京都に来たとたんに、地点「―ところでアルトーさん、」を観劇→三浦基さんとのポストパフォーマンストークに出演→新聞の取材一件→その後打ち合わせ…と、日付が変わる時刻までみっちりのハードスケジュールとなってしまいました。

しかし、これからのほうがもっとハードになるかも!? というのは、個室ビデオ店・オプションツアー・ツアー最終地点、それぞれ準備を進めてきたその三点をこの一週間でぎゅぎゅっと仕上げねばいけません。大きなことから小さなことまで集中して作業を進めていく、濃密な一週間になること間違いありません。

冬から始まったリサーチ・クリエイションが、春、夏と季節を経て、この秋の一週間にすべて収斂していくような、そんな気がしています。

「個室都市 京都」によって、どんな「京都」があらわれてくるのか。
今年の、この秋の、この京都でしか体験できない作品です。
みなさまのご来場、お待ちしております。

制作 和田ながら


----------------------------------------------------------------------------------------------

高山明/Port B『個室都市 京都』
2010年11月12日(金)−21日(日)@京都駅ビル

詳しい情報は 
・KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイト  http://kyoto-ex.jp/
・「個室都市 京都」ツイッターアカウント    http://twitter.com/portB_kyoto

※本プロジェクトはシステム上、一度にご入場いただける人数に限りがございます。
 ご来場の日時がお決まりの方は、事前のご予約をおすすめしております。
 予約受付→http://kyoto-ex.jp/program/program-official/172/
 
posted by KEX at 17:31| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

「待月(つきまち)」のこれは……

KYOTO EXPERIMENTも2週目に入りました。今週もさまざまな公演が行われています。
さて、公式プログラムの第一弾として先週上演されたマレビトの会の松田正隆さん原作による創作能「待月(つきまち)」の準備も着々と進んでいます。
先日届いたのは……さて一体なんでしょうか???

tsukimachi.jpg (モデルは芸術センターの
 コーディネーター奥脇くんです。)

 そうこれは間狂言で茂山茂さんが着る衣装!

 間狂言というのは、前半と後半の間で狂言師の方が
 出てくる場面のことです。
 今回はこの間狂言の部分、
 現代の言葉で茂山茂さんが演じます。
 何に見えますかね。バレバレですね……。

 帽子や前掛けは変更するかもしれませんが
 当日どうぞお楽しみに!
 そして「待月」は他の演目と違って1回公演です。
 お見逃しなく!!

山本麻友美

----------------------------------------------------------------------------------------------

味方玄/京都芸術センター『待月(つきまち)』原作 松田正隆
2010年11月16日(火) @大江能楽堂

■詳しい情報・チケットのお申込は 
 KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイト  http://www.kyoto-ex.jp

posted by KEX at 01:23| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。