2010年11月21日

KYOTO EXPERIMENT関連企画 GOLD SEES BLUE_KYOTO展

皆様、お手元にお持ちの方も多いと思いますが、あのシルバーの公式プログラム。

KYOTO EXPERIMENTでは開催に際して、より詳しくフェスティバルの全貌をお伝えし、また閉幕後には書籍のように手元に残るものをと公式プログラムを作成しました。

そのプログラムの中に掲載されているのが、今回の公式プログラムのための新作「GOLD SEES BLUE(KYOTO)」シリーズです。本作は、写真家・田中和人氏によるもので、京都の「ある場所」をモチーフとしています。“京都全体を舞台”としている本フェスティバルでは、劇場と劇場の移動の間にも美しい京都の風景を楽しむことができます。その道すがら、何気ない風景が作品にはおさめられています。

ただ、いつも目にしている日常と違うところが一点。
このシリーズの最大の特徴ともいえる、それはある風景が青や金の光に包まれていることです。青の燐光と表現すればよいのでしょうか。これには制作過程に秘密があります。11月19日に開催されたギャラリートークでは、その秘密を実際に作家が持ってきてくれました。

garely_talk.jpg

金箔が貼られたカメラレンズ。
それを手に展示会場のスポットライトを見ると…その光が青く見えたのです。ギャラリートークに参加している人たちも、一様に驚きの声をあげていました。
「金は青を見る」これは、シリーズのタイトル通りなのですが、実際に目の当りにすると不思議な感覚を覚えます。また、金箔が色セロハンなどと違い、部分的に厚い部分や薄い部分を持つことによって、いつも見えていた世界は抑揚を持ち、現実世界との距離を保ちます。

舞台芸術をもって京都に実験をしかける。KYOTO EXPERIMENTが見出そうとしている風景は人それぞれの抑揚あるリアルな作品体験によって、結果を導きだせるのかもしれません。展覧会は11月23日まで、青の燐光に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------

KYOTO EXPERIMENT 関連企画
GOLD SEES BLUE_KYOTO展
青の燐光―ある場所、秘められた京都

出品作家
田中和人(たなかかずひと)

会期
2010.10.28[Thu]-11.23[Tue] 月曜休
11:00-19:00 ※最終日18:00まで

会場
Gallery PARC 〔グランマーブル ギャラリー・パルク〕

なお、会場では、KYOTO EXPERIMENT公式プログラム10演目の上演作品および過去作品ダイジェスト映像上映をご覧いただけます。

お問い合わせ
KYOTO EXPERIMENT事務局 
TEL 075-213-5839 (11:00-20:00)  E-MAIL info@kyoto-ex.jp
posted by KEX at 20:55| Comment(16) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。