2010年11月08日

『アガタ』公演に寄せて


『アガタ』公演に寄せて、11月11日(木)に行われるプレ・トークイベントにご出演の小林康夫先生から、テクストをいただきました。
------------------------------------------

「思い出は、思い出を担っているわたし達よりも強い…」と最後にアガタが言う。わたしが過去のなにかを思い出すというのでは足りない。それよりも圧倒的ななにかが、そこに!ある。すでに過ぎ去ったはずの出来事が、圧倒的な力で、いまもそこにある!そして、デュラスはおそらく言うのだ、「そのようなものこそが真正の〈愛〉なのだ」と。

     *        *       *

渡邊守章先生が「アガタ」を演出するという。しかもダンスと語りの言葉とがぶつかり合う―もちろん世界初!だろう−−独創的な、画期的なスタイルに挑戦するときいた。だが、よく考えてみると、このスタイル、まっすぐから「アガタ」という作品の核心を突いた恐るべき〈正解〉ということが解ってくる。

この作品のテーマは、アガタと兄との近親相姦の愛だが、しかしデュラスのテクストは、それを物語として展開しているのではなく、ふたりが愛の不可能性そのものを−−絶望的に、しかし快楽なしにではなく−−共有しようとするドラマとして書いている。つまり、まさに言葉と眼差し(イメージ)の「あいだ」こそがドラマの場なのだ。肉体がそのまま言葉を発するのではなく、むしろ言葉を通して肉体を見出すことーーそれこそ、この戯曲だけではない、小説にも映画にも共通するマルグリット・デュラスの根源的な〈方法〉なのである。
 
    *        *         *

デュラスは愛の作家だ。だが、愛する者をかならずや人間存在の限界にまで連れ出してしまうような危険な、恐怖にみちた、不可能な愛の作家である。1984年の小説『愛人(ラマン)』でみずからのインドシナの幼年時代の愛を語って世界的な成功を収めたが、その原型のひとつはこの「アガタ」でとうとう近親相姦的愛の核心をつかみ出したことにあるのは確かだろう。

いや、近親相姦の愛は、自分には無縁のものだなどと言ってはならない。すべての愛は、それが真正のものならば、どこかで近親相姦的相貌を呈するのだから。不可能な思い出の奥にどんな美しい、白い、輝かしい肉体が横たわっているか、その肉体のダンスを見届けなければならない。

小林康夫

京都芸術劇場ニュースレターvol.17より

--------------------------------------------------------------------------------------------------

渡邊守章/京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
『アガタ』
11月20日(土)・21日(日)、京都芸術劇場 春秋座

※詳細・チケットはこちらから

『アガタ』プレ・トークイベント/明倫ワークショップ
渡邊守章×小林康夫
11月11日(木) 17:00〜19:00
京都芸術センター・ミーティングルーム2
入場無料

※申し込みはこちらから


KYOTO EXPERIMENT 2010.10/28(Thu.)-11/23(Tue.)

公式ウェブサイト  http://www.kyoto-ex.jp
ツイッターアカウント  http://twitter.com/kyoto_ex
posted by KEX at 16:57| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。