2010年11月02日

アーティスト6:藤田貴大さん(フリンジ“HAPPLAY♥”)

ハロースクール、バイバイと京都のそれ、それそれ、それがみたかった、みたいな。

初めまして、マームとジプシーというとこで作品づくりをしています、藤田貴大といいます、『ハロースクール、バイバイ』って作品、11月12日から14日まで、アトリエ劇研で、発表します、是非是非、それそれ、それみたいのが見たかった、みたいな作品になると、じんわりと感じているところであります、是非是非、見にきてください。

そうそう、それはそうと、最近は、焼鳥にハマっているのですよ。瓶ビールを一本だけって決めて、焼鳥を食べに、赤提灯を目指して、もちろんカウンターしかない、そこへ向かって。仕事帰りの、きっとサラリーマンちっくな人たちが、ハイボールやってる、熱燗やってる、その犇めく中に、隙間めがけて、狭い通路すり抜けて、座るのですよ。

それでそう、僕は無愛想な男性が大好き、なぜなら彼らって、僕がなに言っても一割も聞いてなさそう、だから僕は彼らにどんだけ色々、沢山、色々言っても、彼らはだいたい聞き流してくるわけだから、僕がストレスじゃなさそう。全部ちゃんと聞いてくる人って、疲れるじゃないか。

その、無愛想な男性が、カウンターの中には、いる。寡黙に焼鳥、焼いてる。ジリジリと。たまに、なんか奇声みたいなの発して。あ、この人たちが、店員さんなんだった。

だから僕は焼き鳥食べに、カウンター席へ。瓶ビール一本だけっていうリミットが、また。
なんだかそれってですね、劇場みたい、演劇みたい。
無愛想な役者さんが舞台に立ってくれてたら尚更だね。瓶ビール一本分のタイムリミットに向けて、僕らきっとフラッて立ち寄れる、赤提灯を灯すために、今お稽古してるんだなー。

『ハロースクール、バイバイ』、14歳の女子バレーボール部員たちのお話。
お酌はしないぜ、マームとジプシーの女子たちは。
藤田貴大

----------------------------------------------------------------------------------------------

KYOTO EXPERIMENTフリンジ“HAPPLAY♥”
マームとジプシー『ハロースクール、バイバイ』
2010年11月12日(金)-14日(日) @アトリエ劇研

■詳しい情報は
 “HAPPLAY♥”特設ブログ HAPPLAYlink1-1.jpg

■マームとジプシー公式サイト  http://mum-gypsy.com/
■KYOTO EXPERIMENT公式サイト  http://www.kyoto-ex.jp
posted by KEX at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。