2010年11月21日

KYOTO EXPERIMENT関連企画 GOLD SEES BLUE_KYOTO展

皆様、お手元にお持ちの方も多いと思いますが、あのシルバーの公式プログラム。

KYOTO EXPERIMENTでは開催に際して、より詳しくフェスティバルの全貌をお伝えし、また閉幕後には書籍のように手元に残るものをと公式プログラムを作成しました。

そのプログラムの中に掲載されているのが、今回の公式プログラムのための新作「GOLD SEES BLUE(KYOTO)」シリーズです。本作は、写真家・田中和人氏によるもので、京都の「ある場所」をモチーフとしています。“京都全体を舞台”としている本フェスティバルでは、劇場と劇場の移動の間にも美しい京都の風景を楽しむことができます。その道すがら、何気ない風景が作品にはおさめられています。

ただ、いつも目にしている日常と違うところが一点。
このシリーズの最大の特徴ともいえる、それはある風景が青や金の光に包まれていることです。青の燐光と表現すればよいのでしょうか。これには制作過程に秘密があります。11月19日に開催されたギャラリートークでは、その秘密を実際に作家が持ってきてくれました。

garely_talk.jpg

金箔が貼られたカメラレンズ。
それを手に展示会場のスポットライトを見ると…その光が青く見えたのです。ギャラリートークに参加している人たちも、一様に驚きの声をあげていました。
「金は青を見る」これは、シリーズのタイトル通りなのですが、実際に目の当りにすると不思議な感覚を覚えます。また、金箔が色セロハンなどと違い、部分的に厚い部分や薄い部分を持つことによって、いつも見えていた世界は抑揚を持ち、現実世界との距離を保ちます。

舞台芸術をもって京都に実験をしかける。KYOTO EXPERIMENTが見出そうとしている風景は人それぞれの抑揚あるリアルな作品体験によって、結果を導きだせるのかもしれません。展覧会は11月23日まで、青の燐光に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------

KYOTO EXPERIMENT 関連企画
GOLD SEES BLUE_KYOTO展
青の燐光―ある場所、秘められた京都

出品作家
田中和人(たなかかずひと)

会期
2010.10.28[Thu]-11.23[Tue] 月曜休
11:00-19:00 ※最終日18:00まで

会場
Gallery PARC 〔グランマーブル ギャラリー・パルク〕

なお、会場では、KYOTO EXPERIMENT公式プログラム10演目の上演作品および過去作品ダイジェスト映像上映をご覧いただけます。

お問い合わせ
KYOTO EXPERIMENT事務局 
TEL 075-213-5839 (11:00-20:00)  E-MAIL info@kyoto-ex.jp
posted by KEX at 20:55| Comment(16) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

フェデリコ・レオンついに来日!

KYOTO EXPERIMENTもついに最終週に突入しました!
今週末も注目作が目白押しですのでお見逃しなく。

一昨日フェデリコ・レオンがついに来日しました!
はるばる地球の裏側からやって来た彼ら。さすがにその日はお疲れの様子でしたが、次の日には早速会場を入念にチェックするなど、初めての日本での公演に向けて意欲を見せています。

写真はフェスティバルのミーティングポイント“flowing KARASUMA”で夕食を取っている様子です(右から2人目がフェデリコ・レオン)。とてもリラックスしてまるで本当の家族のような雰囲気です。みなさんもflowing KARASUMAに行けば、彼らとばったり遭遇? するかもしれません。

CIMG1162.JPG

2年間かけて欧州など各地をツアーしてきた彼らですが、今回の日本での公演が最終公演の予定です。映像と舞台を巧みに組み合わせ、人生の時間について思いを馳せる本作。ぜひお見逃しなく。

勝冶真美

---------------------------------------------------------------------------------------------------

フェデリコ・レオン『未来のわたし』
2010年11月21日(日)−23日(火・祝)@京都芸術センター 講堂

■詳しい情報・チケットのお申込は 
 KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイト  http://www.kyoto-ex.jp
posted by KEX at 03:15| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

フェデリコ・レオンからメッセージ届きました!

京都初の国際舞台芸術祭、KYOTO EXPERIMENT。連日注目の公演が目白押しですね。皆さんはいくつご覧になりましたか?
普段なかなか見ることの出来ない海外の作品を見ることができるのも国際フェスティバルであるKYOTO EXPERIMENTの魅力です。

フランスからのジゼル・ヴィエンヌ、タイからのピチェ・クランチェンに続き、今週、ついにアルゼンチンからフェデリコ・レオンが来日します。クンステンフェスティバルデザールで初演後、アヴィニョン演劇祭などヨーロッパツアー各地で公演を行ってきた『未来のわたし』(原題:Yo en al Futuro)。
初のアジア公演となる今回の来日をとても楽しみにしているというフェデリコ・レオンからメッセージが届きました!

---------------------------------------------------------------------------------------------------

"Me in the future" team is looking very much forward to present the piece in Japan. This is the first time we show our work here and we're very excited about it. The shows at Kyoto Experiment are also the last shows for this piece, that had 2 seasons in Buenos Aires and tours around Europe. So they will be very important and moving for us. This project took 3 years to develop and we find it very special to close this creative process in Japan. We're honored and happy to be part of this Festival and very curious about the reception. Looking forward to being there. Federico Leon and "Yo en el futuro" Team

『未来のわたし』チームは日本で作品を発表できることをとても楽しみにしています。日本で私たちの作品を発表するのは初めてのことで、とても興奮しています。
2シーズンをかけ、ブエノスアイレス、ヨーロッパ各地でツアーをしてきたこの作品も、KYOTO EXPERIMENTが最終地点となります。
私たちはこのプロジェクトを3年間かけて発展させてきました。日本でこのクリエーティブなプロセスを締めくくることができることはとても特別なことだと感じています。私たちはこのフェスティバルに参加することを光栄に思っていますし、私たちの作品が皆さんにどのように受け入れられるか楽しみです。
日本でお会いできることを楽しみにしています。

フェデリコ・レオン&『未来のわたし』チーム


Me in the fututre_Wim Pannecoucke.jpg
photo:Wim Pannecoucke

---------------------------------------------------------------------------------------------------

フェデリコ・レオン『未来のわたし』
2010年11月21日(日)−23日(火・祝)@京都芸術センター 講堂

■詳しい情報・チケットのお申込は 
 KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイト  http://www.kyoto-ex.jp
 
posted by KEX at 00:00| Comment(0) | アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。